>  > オナニーの余韻を残したままの私は夢中でおちん○んにむしゃぶりつきました。

オナニーの余韻を残したままの私は夢中でおちん○んにむしゃぶりつきました。

逝きそうになったときにふと意識したのはお客さんのこと。今もお客さんは私のおま○こをじっと見つめながら、こんな恥ずかしいことをしている私を見てるんだ。私、なんて恥ずかしいことをしてるんだろう。。なんてこんなに気持ち良くなっちゃってるんだろう。と、そんな羞恥心が私を襲った瞬間、「あ、いやぁ、あんぁあーーーーーーっ!あぁーん!!」と私は凄まじい絶叫とともにベッドの上で力尽きました。ガクンとベッドの上に倒れ込み放心状態の私。おま○こがヒクヒクしている事だけが伝わってきました。体も痙攣してお尻が上下しているのがわかります。お客さんは唾液をを垂らしまくって逝ってしまった私の側にきて、「とても気持ちよさそうだったね。楽しかったよ」と言ってくれました。そして私の回復を待ってヘルスプレイに移ってくれました。お客さんのおちんちんは既にビンビンに勃起していて。とても美味しそうで…オナニーの余韻を残したままの私は夢中でおちん○んにむしゃぶりつきました。

[ 2014-11-04 ]

カテゴリ: ヘルス求人体験談